雨の上諏訪温泉 ひとり旅(後編)

雨の上諏訪温泉 ひとり旅(後編)

前回のブログより

後半?との表現はちょっと違いますが

 

 

 

 

名古屋より上諏訪温泉のホテル「油屋旅館」まではおよそ200キロ

高速で急いで行くこともないので、下道の旅と決定。

名古屋の自宅を8時半ごろ出発いたします。

ハーレーと違い、クルマはのんびり快適ですね~

3ヶ月100円のスポティファイをお試し視聴しながら

最近お気に入りの鬚男を聴きながら~(^^♪

諏訪までは国道19号線で

毎度お馴染みの国道19号線を北上していきます。

このまままっすぐ走れば、自然と塩尻、諏訪へと続きます。

いつもならバイクも多いのですが

この日は雨の予報・・・さすがにバイクは少なめだ。

ただ全然雨は降ってきません(^^;

どちらかと言うと回復してきているような感じ。

だいたいクルマと決めるとこんな感じ

あるあるですよね~

 

 

 

Advertisement

 

 

開田高原へ向かう国道361号線にある「せせらぎの四季」さんで、今日最初の温泉をいただき、そのままランチ、少々お昼寝。

ここらの温泉は濁り湯。

ここもちゃんと茶褐色になって、少々鉄のにおい。

やはり雨のせいかお客さんも疎ら・・・

お腹も満たされ、休憩もとって旅のつづき

およそ2時間弱、目だった渋滞もなく塩尻市へ

そのままホテルには向かわずにちょっと寄り道してみたり、わざと諏訪湖の方へ行ってみたり・・・

ただ特質するところもなく(笑)

 

 

と言う事で、湖面の無料駐車場へ

しばらく諏訪湖を観察、藻というのか海草?湖草か?

そんなのが多いなあ~と見ながら

やはり雨が降ってくる気配も無く(^^;・・・

菓子工房ラ・ピュルテさんへ

グーグルマップ情報の写真とは・・・若干?ケーキの大きさが

まあ、たまにはそういうこともあるでしょう?

午後のデザートをいただきます。

地元のおばちゃまのおしゃべりを片耳で聞きながら

のどかな午後

これもまた旅の醍醐味だね

そして今日のホテル「油屋旅館」さんへ

油屋旅館さんの情報は前回のブログですよね~

 

 

Advertisement

 

 

翌朝!

昨日はまったく降らなかった雨が、朝からしとしと

テレビの予報でも曇りだったので、極一部だけなのだろうか?

朝温泉、朝食を済ませ、ホテルを後にします。

そしてこの日は下諏訪温泉へ

狙いを付けていた「旦過の湯」へ

 

 

ここらでは結構有名な温泉だ。ただし地元の方の行きつけの温泉なのでそこまで大きくはありませんよ~

行ってみるとおじさん4~5人。

まあこれがめっちゃ熱い!

44度だって!(熱い方は47度らしい)

結局47度の方は入れず・・・

結構熱いのには自信があったのですが

無理(T_T)

この温泉、シャワーから出るのも温泉らしい!

 

 

それではこの辺で諏訪とはお別れ、ランチの場所を目指し下道で。

岡谷、辰野を通過し伊那方面へ

伊那へ入ってやっと雨上がる

10時30分ごろ、目的地に到着~

今日のランチはソースカツ丼で有名な伊那市の「たけだ」さん

 

 

ここへは数回来てるけど間違いのない味、絶品です!

肉の小売店も営まれており、少しだけ高いけど、それを払う価値がありますよ~

 

 

伊那市、駒ヶ根市を通過し松川市へ

松川インターチェンジの少し手前

少し早いが絶品デザートをいただきに

「信州 里の菓工房」さん

 

 

 

 

ここも以前タツさんとやってきたお店

ここらのスイーツを盛り込まれたケーキとアイスコーヒーで一休み。

ちょうど晴れ渡った空を目の前に、日陰のオープンカフェで

綺麗な花がこころを喜ばせます。

 

 

Advertisement

 

 

それではまだまだ長い帰り道。

国道153号線から国道256号線で木曽へ抜けます。

この道も昔はハーレーでよく走りましたが、最近は走っていませんでした。

ところどころ道も綺麗になり、また走りに来ないといけませんね~

行きに走った国道19号線へ戻り名古屋方面へ

恵那市に入り、これまた久しぶりの県道66号を選択、今日はとことん下道で攻めます。

66号から東谷山フルーツパークの辺り、名古屋市守山区を通過し

名古屋市西区へ

はい、17時ごろ無事到着~

約200キロの下道旅

田舎の下道は燃費も良く、今まで見たこと無い燃費表示20キロ/Lなどを表示。

こりゃ地域によって燃費が違う訳だ~

結局この旅は無給油でやりきりました。

たまには楽しいクルマでの下道旅

雨で走れない週末はこんな旅も楽しいよね~

おわり