まさかず(@masakazuflhx)です(^^♪

自粛活動続行中でございます~

もちろん会社には行っています・・・

テレワークなんてとても無理なので(^^;

まあ日本国民が少しでも活動範囲を減らせば、何らかの効果はあるのでは?

ただ・・・政府が思うところまで行けるかは微妙!

 

 

さて、またまた前回の続き

自粛の時だから出来る?そんな話題

この記事読んでアメリカ行こう!と決意しても・・・飛行機飛んでませんから(笑)

そんな第2回目はレンタカーの話題

まずはお約束ですが、私が選んだ、やってみた方法がベストの方法ではございませんm(__)m

あくまでも参考程度にしていただけますと助かります。

 

 

そうそうアメリカではレンタカーで旅をする機会が多く、日本で借りるよりも気軽に借りられます~

ここ3回行ったグランドサークルは毎回レンタカーを終日借りて巡っていましたよ(^^♪

[adchord]

 

 

アメリカのレンタカー

そんな偉そうな記事を書こうとしているのですが・・・

ほとんど日本でレンタカーを借りたことが「ない!」ってことに気付きました(笑)

これじゃ・・・比較も何もありません(^^;

こんなんじゃ記事も書けない・・・(汗)

と言うことで、比較まで出来ませんが・・・

 

 

まずアメリカでレンタカーを借りる場合、ほぼ間違いなく日本から手配が出来ます(^^♪

またそれらの比較サイトもちゃんとある~

慣れてきたらそんな比較サイトを利用するのが良いかもしれません!

*英会話が得意、海外旅行よく行ってるって方以外はおススメしません(^^♪

また日本のレンタカーと違って、そんなに厳しく車両をチェックしません~

今までぶつかったりしたことはありませんが(^^;

多少ぶつかっても・・・大丈夫かも(笑)

もちろん保証はしませんが・・・

[adchord]

 

 

じゃあ、どうやって選ぶ?

そうそうアメリカにもたくさんのレンタカー会社があり、それぞれサービスが違ったりします。

代表的な会社が、Hertz(ハーツ),Budget(バジェット),AVIS(アビス),dollar(ダラー),Alamo(アラモ)

ひとつひとつ見積もりをしてみるのが良いのですが、まず最初にお支払いのクレジットカードなどによる割引がありますので、自分の使っているカードが優先的に割引できるところを探すのが良いでしょう(^^♪

例えば私の場合、dollar(ダラー)さん。

年会費無料のエポスカードを利用しておりますのでダラーさんが一番お得!

15%は優に割引されます~

プランなどの選択も多いのでこれからもダラーさん一択かなあ~

 

 

どのプランを選ぶ?

これもなかなか分かりづらい選択です(^^;

これまた英会話が達者で、海外旅行経験の多い方、運転に自信のある方は、保険など最低限でも良いかも~

例えばクレジットカードの特約で海外旅行の保険が充実しているものもありますから!

必要以上に掛ける必要もないかと。

ただ・・・

これも難しいので

フルオプションでお願いしている感じ(^^;

2016年の最初だけ(笑)少し減額しましたが、そこまで変わらないしね~

2019年ではガソリンも満タンで返さなくて良いパターンにしました(^^♪

必要がないのは

ナビゲーション(アメリカではGPSと言う)は不要。

あったに越したことはないのでしょうがiphoneも使えるしね~

*もちろん携帯(スマホ)を使えるようにしなくてはなりませんが・・・

[adchord]

 

 

何となく小難しいこと(笑)

ここから書く内容は・・・

今後変わる可能性も大きい(^^;

とりあえず2019年情報と言うことで

変わっていたら申し訳ございませんm(__)m

 

 

まず国際免許の件ですが

おそらくアメリカであれば取得する必要はないかもしれません。

正確には、持参して悪いわけではございませんのであったに越したことはない。

ただ、レンタカー会社が無料で用意してくれるもの

要は日本の自動車運転免許を公式に翻訳したもの(?)

それがあれば運転は可能です(^^♪

これもネットで出来るパターンがほとんどなのでお手軽です。

日本で発行してくれる国際免許は、わざわざ運転免許試験場まで行かないとダメですし、発行するのにお金も掛かりますからね~

 

 

また、いつも予約をするときに

「日本支払い」か「現地払い」を選ぶのですが

だいたい日本払いにした方が良いと思っています。

その際、現地でクレジットカードを確認するためにデポジットとして200ドルぐらい引かれる。

(今回初めて気付いたのですが・・・(笑))

これ、ちゃんと戻ってきますので(^^;

ご心配なく!

 

 

また、最近の車は車載ナビ(上記のGPSとは別)

いわゆる純正ナビですが、それにCAR PLAYが付いていました。

これがどう使っていいか分からない(^^;

ゆっくり英語を読んで理解する時間もなく・・・

2019年はそのまま使用せずにやり過ごしました(笑)

ネットワークの問題など、今でも理解できていません(^^;

簡単に説明できる方!教えてください~

[adchord]

 

 

いわゆるナビゲーションについて

それでもナビゲーションは必需品だと考えております(^^♪

アメリカの道は分かりやすいと言ってもね~

なかなか地図を広げて走る訳にはいきませんし・・・

一番良いのは

アメリカで広い範囲でつながるSIMを購入し、スマホのgoogleマップを使用する。

今回(も)自分はソフトバンクのアメリカ放題を利用していましたので大きな都市では使用できるのですが、ちょっと郊外に出るとすぐつながらなくなってしまいます(^^;

そんなときのために

Googleマップの地図をダウンロードしておき、使用します。

このサービスは約1ヵ月は地図を使えますので、GPSさえ拾えれば使用可能となります。

特にグランドキャニオンなどはもともと携帯のエリア外なので

この地図が効力を発揮します~

さあ、何となく出来そうに思えてきましたよね~

2019年にちゃんと確認してきましたが、レンタカーに装着されているタイヤは、オールシーズンタイヤでした。

いわゆる雪道でも走れるタイヤ、最近は日本でも流行りだしていますよね~

多少の雪なら問題無。

またランフラットタイヤ(パンクしない)の装着も多いです。

車の性能もあがっておりますので相当無理をしなければトラブルが発生することもないのでは?って思います。

[adchord]

 

 

ラスベガスのレンタカー

ここからはちょっとラスベガスに限ってのお話。

グランドサークルを散策する場合、ラスベガスを拠点にすることが多いのですが

ラスベガスでは大きく分けて2通りの借り方があります。

1:空港でそのまま借りる

2:ホテルでちょっと借りる

2のホテルで借りたことはないので詳しくは説明できませんが、有名ホテルにはそれぞれレンタカー会社が入っています。そこで1日とか2日とかの単位で借りることができるのでは?と思っています。

今まで借りたのは1のパターン。

空港(マッキャラン国際空港)で借りる場合、空港にレンタカー会社はございません。

少し離れたところに大きな施設としてあります。

そこまでは24時間無料のシャトルバスが走っています。

ですので、空港を出てそのシャトルバスに乗れば、自動的にレンタカー会社が集まる建物に行くことができるんです。

便利ですね!

もちろん返す時にも同じ建物に行き、返却するのでとても都合が良いです。

まあ、その建物のあるところだけちゃんと覚えておかないといけませんがね(笑)

また空港に戻る際、ターミナル別にシャトルバスが走っているので、戻るターミナルを間違えないことが大事・・・

はい・・・一度間違えてしまい・・・

迷子になりましたが(笑)

いかがでしたか?

何となく簡単にいけそうな気がしますよね(笑)

本当に簡単なんです~

ただし・・・毎日同じことを言ってるであろうレンタカー屋さんの英語は本当に聞き取りづらい~(^^;

[adchord]