2019年、例のゴールデンウィーク10連休にアメリカ グランドサークルを廻ってきました。

今回はその中でもアリゾナ州ペイジにあります「レイクパウエル湖」のレインボーブリッジツアーについて、記事にしたいと思います。

以前の記事で、アンテロープキャニオンを紹介させていただきましたが

その同じ町、ペイジで楽しむことができますよ~

レイクパウエル湖

アメリカ合衆国のアリゾナ州、ユタ州に跨る巨大な人口湖

年間200万人が訪れるアメリカ屈指の観光湖、ボートでのバケーション、水遊びに特化してリゾートエリアとなっている。

ラスベガス、ロサンジェルスなどに水を供給している。

ラスベガスから少々距離があること、どちらかと言うとアンテロープキャニオンの方が人気があるため、レイクパウエル湖に訪れる観光客は少な目。

レインボーブリッジ

当たり前だが東京のレインボーブリッジとは違い、自然にできたアーチ。

陸からのアクセスができない(困難?)こともあり、このツアーで行く方法しかない。

ほぼ周りに人工物がないのでとても幻想的だ(^^♪

ボートツアーについて

調べてみたが、あまり日本から予約できるツアー会社は少ない。

このツアー単独で扱うには少々困難だからだろうか?

このツアー、1日に1回の運行で所要時間は約7時間強(笑)

冬から春の時間帯だと朝7:30~14:30まで、夏の時間帯は12:30~18:30になる。ゴールデンウィークだと前者となり、早朝からの出発だ。

日本からでも単独で予約はできます!このホームページから

右上の「CHECK RATES」からレインボーブリッジボートツアーと日時を選択すれば、空いていれば予約はできます。

ボートツアーの内容など

出発の30分前から受け付けは開始されます。急ぐことはありませんが遅れない方がよいでしょう。

受付で名前を言うとボートチケットが渡されます。英語に自信がない場合は予約の紙をプリントアウトしていくとスムーズです。今年はボートに乗り込む前に写真の撮影があったりと少し変わってましたよ~

2階建てのボートでレイクパウエル湖を出発します。今年はとても寒く、なかなか外に出られませんでした。ゴールデンウィークでもダウンジャケットが必要な感じ(笑)

左右の絶景はとても素晴らしく、実はこの渓谷はグランドキャニオンよりも凄かったと言われております。

映画「猿の惑星」や「ゼロ・グラビティ」などいくつもの撮影が行われ、ボートの中で当時の写真などを見せていただきました。

片道3時間半、もちろんボート内にはトイレはございますし、ホットコーヒーなどのドリンクも飲み放題です。少しのスナックも用意されていました。

昼を過ぎることから、朝食をしっかり食べてくる、またはちょっとした食べ物を持ってくるのが良いと思います。

レインボーブリッジ!

このためだけのボートツアーではありませんが、一応メインはここになります。ボートを降りて10分弱歩くことになります。特に険しい道ではないし、よく整備されているので、本格的なトレッキング装備は必要ありません。

日差しはきついのでサングラス、日焼け止めは持参した方がよいです。

10分弱歩いた後に見えてくるその姿は神々しく、とても自然にできたものとは思えません。

ただ足元の岩には恐竜の足跡が残っていたり、この場所が大事に保持されているんだなあ~と感じられます。

2016年にも訪れているのですが、その際はなかったレインボーブリッジの裏側に回れる(簡単な)トレイルも出来ていました。

裏側は今回初めて行けたので感慨深かったです(^^♪

レインボーブリッジでの滞在時間は約1時間。

意外とあるようでない時間なのでゆっくりはできません(^^;

帰りもまた同じコースをボートで戻ります。ただし見える景色は全然違うので飽きるほど(笑)楽しめます。

ボートが着岸すれば、それでツアーは終了となります。自然解散と言う訳です。

ひどい雨の場合は中止になりますが少々の雨では開催されるのではないでしょうか?そんな場合は雨具を持っていった方がよいかもしれません。

おススメのツアーです(^^♪

良かったら行ってみてください。

よろしかったらポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村