「ターミネーター:ニュー・フェイト」鑑賞

「ターミネーター:ニュー・フェイト」鑑賞

週末・・・数軒のキャンプ場に電話するも満員御礼(^^;

昨今のキャンプブームを感じているまさかず(@masakazuflhx)です(笑)

寒いのによく行くね~(お前が言うな・・・)

さて、今週末もキャンプツーリングへ行きますので(^^♪、金曜の夜は映画鑑賞でございます!レイトショーは普段よりも安くなるのでお値打ちです~

話題作、アーノルド・シュワルツェネッガーの「ターミネーター:ニュー・フェイト」を見てきましたよ~

今回も「ネタばれなし!」でお届けいたします・・・

まったく情報を入れたくない~って方は読まない方がいいかもしれません・・・

「良い映画」ではありましたので見ても後悔はしないと思いますよ(*^^)v

Advertisement

 

 

「ターミネーター:ニュー・フェイト」について

今さら語る必要もない「ターミネーター・シリーズ」ですが(笑)、ジェームス・キャメロンが最初に生み出したのが、1984年 実に35年前の話(^^;

当時生まれた子が35歳・・・おっさんです(笑)

それぐらい前の話。

そこから

ターミネーター2(1991年)

ターミネーター3(2003年)

ターミネーター4(2009年)

ターミネーター:新軌道/ジェニシス(2015年)

で、今回が6作目!

ただし、先出のジェームス・キャメロンが監督をしたのは「ターミネーター2」までなので、「正当な続編にして、新たなる伝説」は当たっているのかもしれない。(もちろんいろいろな形でキャメロンは他の作品にも関わっているので、正確に言えば・・・そりゃ言い過ぎでしょう~ってなりますが(笑))

当時、キャメロンは「エイリアン2」を監督し、大ヒット!さらに「ターミネーター2」でも大ヒットを飛ばし、「2」作りの神様と呼ばれていました(^^♪

普通、「1」よりコケるのが「2」の常識・・・

それぐらい圧倒的なストーリー展開、見る側の想像を超えてくる発想!がとても素晴らしい、そんなイメージ(^^♪

今回もとても期待が持てますね~

Advertisement

 

 

あらすじ

人類滅亡の危機は、まだ終わっていなかったー

メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニーが弟のミゲルとともに、ターミネーター“REV-9”に襲われる彼らを守ったのは、同じく未来から送り込まれた強化型兵士のグレースだった。
かろうじて工場から車で脱出するダニー、ミゲル、グレース。執拗に追いかけてくるREV-9を、ハイウェイで待ち構えていたのは、サラ・コナーだ。ターミネーターを宿敵として人生を送ってきた彼女は、REV-9とも激しい死闘を繰り広げ、「アイルビーバック」と言って、その場を去っていった。
再び合流したサラは、ターミネーター情報の謎のメールが誰かから届くと告白。グレースはその発信元がテキサス州のエルパソだと突き止め、3人はメキシコからの国境越えを決意する。しかし、国境警備員になりすましたREV-9が彼らを指名手配していた。
そしてエルパソで、サラやダニーを待っていたのは、あの男だった…

公式HP「ターミネーター:ニュー・フェイト」より引用
Advertisement

 

 

まさかず的 評価!

おもしろかったです(^^♪満足しました~

ちょっとIMAXで見たかったなあ~とも思いながら、IMAXで撮られていないからなあ(^^;と複雑な心境で・・・

でも?でもさ?

ちょっと引っかかることがあった!

「ターミネーター:ニュー・フェイト」って誰がつけた?(笑)

原題は「Terminator: Dark Fate」(ターミネーター:ダーク・フェイト)だ!よ~

「暗い運命」「暗い結末」が「新しい運命」って(^^;

それは詐欺に近くないかい?

原題であれば、物凄く内容がマッチしているのに「新しい運命」って全然しっくりこない!

さらに言えば、

「ターミネーター」から「ターミネーター2」へ行く、言えば「新しい運命」的な革命的な内容、ストーリーはなかったなあ~(T_T)

これはとても残念だった・・・。残念ながら「3」から「新軌道/ジェニシス」を否定するまでの内容ではなかったと思わざるを得ない。

「暗い運命」だな(^^♪

 

 

腹ごしらえはいつもの「しんちゃん」で(笑)
Advertisement