ハーレー オーディオ交換(新)

ハーレー オーディオ交換(新)

実は以前のブログ「俺の空」で、一番の人気記事は、ハーレーのオーディオ交換の記事だったのです。

これが月に1,000ぐらいのビューが定期的にありました(^^♪

うちのFLHXも2013年式で、すでに6年が経過、ハーレーのツーリングモデルはオーディオ形式も新しくなり、今ではちゃんとiPhoneをつなぐことが出来るようになっています!

当たり前ですが進化してますね~(^^♪

さて、そんな記事のリプレイス版と言うことで、こちらに書き写します。いずれ消されてしまうであろう記事なのでね・・・

お約束!

以下の内容は、筆者のマサカズが勝手に考えたものですm(__)m

一部検証をしていない内容もございます。必ずしも実動を保証するものではございませんので、あくまでも参考程度でお願いします~

また以下の内容は、2013年式FLHXまで?での内容で

それ以前、それ以降については、未確定でございます~ご了承くださいm(__)m

前置き・・・

ハーレーに乗りだしてから音楽を聴きながら運転することはなかったのですが、FLHXに乗り換えた時から、そこにオーディオがあり(笑)、自然と音楽を聴きだすようになった(^^♪

お気に入りの音楽と、走っている道が合致するとこれがまた言いようのない素晴らしい道に変わる。

そんな瞬間を味わうとこれがもうやめられなくなってしまう(^^;

あくまでも走行中の音楽、本当に良い音を聞きたいのであれば、Bluetooth系のヘッドフォンなどを使用した方が断然良い!

車載オーディオの場合、なかなかオーディオの音を良くすることは難しいと思う(^^♪

さて、そんなハーレーFLHXのオーディオ

不満なのがiPhoneをコントロールできないこと!え?アメリカ製なのに?

Advertisement

社外製のオーディオ

純正以外のオーディオを探す際、気になるのが防水性だ。

もちろん純正には防水機能があり、雨の日でも聞くことができる。ただしどれぐらいの雨で聞けるのかは検証していませんが(笑)

防水オーディオ→高い(^^;

非防水オーディオ→安い!(耐久性が心配・・・)

ただFLHXの特徴から、ほぼオーディオ本体はフェアリングに格納されており、そこまで防水性を心配しなくても良いのではないか?

と・・・

実際、5年以上 非防水オーディオを使い続けていますが

困ったことは・・・ないとは言えないが(笑)

たまに音楽が聴けなくなりますが(^^; 致命的な現象にはなっていません!

雨よりも振動の方が・・・ダメージが大きいと思われます(笑)

Advertisement

社外製のオーディオ 選択

あれから(2017年ごろ)変化もありますが・・・まとめると

一番安くていいんじゃないの!って思える製品

高いような気もしますが、結局これぐらいはかかります~

これもそこそこの値段はするが、簡単だし調子も良さそうだ(^^♪

では、私が使用しているパーツをご紹介すると

Biketronics社のインストールキット「BT-1005」を使用し、日本製のワンディンオーディオを稼働させています(^^♪

※今では「BT-1005X」にバージョンあっぷしておりますが。

約170ドル、当時はUSアマゾンから購入しましたが、現在では日本のアマゾンでも購入ができそうです~

これもそうですし

先程ご紹介したお店からも購入できます。

まあUSアマゾンなどから購入するよりはハードルは下がってるのかなあ~値段は???ですが(笑)

すべて英語ですが!インストールの内容もYouTubeで見ることができます↓

それでは、次にオーディオの選択に

これが意外に難しい!

何が難しいって1DINオーディオをメーカーが作ってない(笑)から

カーオーディオを作っているメーカーすら少なくなっているのに~こんなレアなサイズを作るメーカーも少ない!

今選択できるのは(2019年)

パイオニア

KENWOOD

のみ!

このメーカーでもひとつ条件があり、ステアリングリモコンコントロールができないと、ハーレー純正のハンドルコントロールが使えません。

これは意外!最近では車でもハンドルコントロールが多く、以前調べた時よりも増えている気がする(^^♪

パイオニアでは、実に11機種!(DEH-P01,970,7100,6500,5500,4500,DVH-570,MVH-7500SC,6500,5500,3500)

すみません、KENWOODについては表示がなくネットカタログでは判別できず・・・申し訳ございません。

現状、私の使用しているモデルはパイオニアの「MVH-5300」(以前はMVH-580を使用)

CDを聴くことはないので、CDは装備されていないタイプです。

そうなると本体もこうなります。

はい、コンパクト(^^♪

コンパクトゆえに取り付け用のネジが1本しか使用できず・・・ちょっと困りましたが(^^; それでも軽いので問題なし。

スピーカーの変更

ハーレー純正のスピーカーは対応インピーダンスが違っているので、オーディオを変えた場合には、これも同時に変えなければならない。

これはオーディオよりもハードルは低い(^^♪

もちろん防水規格のスピーカーを選ぶとなると難しいが、もともとフェアリングの中にいらっしゃるので、そこまで気を使う必要はないだろう。

もともと13インチのスピーカーが入っているので、同サイズを入れ替えればOKだ。赤丸で囲った部分があるので、それ以上の製品を入れるのは難しそうだ。

私はMBクウォートのちょっといいやつを入れてみた(^^♪

Advertisement

まとめ!

はい、長々と書いてきましたがもしオーディオを変えてみよう!レベルアップしてみよう!って方々の参考になればと(^^♪

現状、先のカロッツェリア製のオーディオを使用していますが、雨の日はしばらくすると音が出なくなります(笑)

雨が止み、またしばらくすると音が出るようになります(^^;

どうなっているのかは調べたことがありません!

先代の物は約1~2年で壊れました。これはやはり振動が大きく影響してるのではないかと思ってますが、実際は雨かもしれません。

純正品よりも耐久力は落ちると考えた方が良いでしょう。

ただ、社外品でも10,000円弱で買えるので、仕方がない出費かなあ~とも思います。

最近では、iPhoneのつながりもよく、iPhoneでのナビも常用していますので今更純正に戻すのは難しいかなあ。

最後に、もしここが違っているよ!さらにこんな凄いやつが出ているよ!って情報がございましたら教えていただけますと嬉しいです(^^♪

まだまだ2013年式FLHXを降りる気はございませんので(笑)

もしよろしければポチを頂けると嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村