「アス」 鑑賞

「アス」 鑑賞

映画は「出来る限り!」情報を入れないで見る派のまさかず(@masakazuflhx)です(^^♪

強いて言えば、映画館の予告編だけでしょうか?

それでも結構な情報が入ってきてしまうのは事実ですけどね~(^^;

まあ、驚くのは劇場の座席で!がモットーです(^^♪

さて、今週末より3連休が2連続!うちの会社は祭日(祝日)が出勤ですので、普通の週末なんですが・・・

スケジュール的にこの週末を逃すと、見られなくなりそうだったので、がんばって!見てきましたよ~(^^♪

そうそう今日は十五夜だそうで、見事なお月様が見られました!

今回、若干・・・「ネタバレ」かも?なるべくそうならないように(笑)

Advertisement

 

 

映画「アス」の話

この映画を見る前に、AmazonかHuluで「ゲット・アウト」を初めて見たのです!偶然・・・

そうそう最近のように足しげく劇場に通っていなかった時の作品・・・

いや~、これ、久しぶりに驚きました(^^;

と、同時に劇場で見られなかったことに後悔・・・

そんな映画の監督ジョーダン・ピールさんの作品。

これは問答無用に見なくてはなりません!

Advertisement

 

 

あらすじ

またいつもの「MIHOシネマ」さんからの引用で

熱い太陽が照り付ける真夏のアメリカ・サンタクルーズ。ここにあるビーチに、ウィルソン一家はバカンスのためにやってきた。夫のゲイブと娘のゾーラ、そして末息子のジェイソン。彼らはこの旅行をとても楽しみにしており、ただ一人浮かない顔をして内心サンタクルーズへの旅行を反対していたアデレードとは大違い。家族はビーチを満喫していた。
アデレードには、サンタクルーズにとても深い思い出があった。だがそれは、とてもよい思い出だったとは言い難い。時は1986年の末にまで遡る。まだ幼い少女だったアデレードは両親と一緒に今回と同じようにサンタクルーズまでバカンスにやってくる。
そして、そのときにたまたま迷い込んだビーチハウスで、アデレードはある人物と出会ってしまった。それがきっかけでアデレードは深いトラウマを負い、失語症になるまでに至った。
時は戻り、現在のアデレードは失語症も克服して家族にも恵まれている。だが、ジェイソンがビーチで出会った不可思議な男によって、過去の記憶が呼び起される。ビーチハウスに戻ったアデレードは、ゲイブにトラウマを告白する。
ゲイブがアデレードを宥め、一家が一安心したと思ったそのとき、ビーチハウスは突然停電し暗闇に包まれる。そして、ついに「彼ら」がやって来てしまった。

MIHOシネマさんより引用

 

 

まさかず的 評価!

いや~これもまた・・・凄かった(^^♪

どうしても「ゲット・アウト」を見てしまったので、そういう目で見てしまうのですが、それを踏まえても(^^;

そうそう昔話で言えば「シックス・センス」的とでも言いましょうか(^^;

帰宅して映画評などを読むと、なるほどそういう社会批判などもあるのか~と現実社会の闇(?)も描かれていると実感。

2019年、見ておくべき1本の映画になりました~

でも、やっぱり「ゲット・アウト」を見ないで、見たかった・・・矛盾しておりますが(^^;