前回より「50歳からの英語」にクローズアップして記事を作っています。

私が勉強を始めたのは、正確には47歳ぐらいですが・・・ほぼ50歳みたいなものでしょう~(^^;

そこから約1,700時間、がむしゃらに勉強してきました!

お陰で?2019年のアメリカ旅行では、ほぼ困ることはありませんでした。

まあ、ほぼ?ですので、いい加減ですが(^^;

前回の記事では何よりも「続けること」の大切さを訴えました!

今回は「発音」についてです~

もちろんこの回だけで「発音」のすべてを語りつくす訳ではございませんm(__)m

まずは、ここ大事だなあ~と今になって思うことでございます。

発音は意外に大事なことじゃない!

どうしても英語を勉強し始めると

ネイティブのように話したい!

綺麗な英語を使いたい!

そんな思いを描くかもしれません。もちろん間違ってはおりません!

ただ50歳から始める英語・・・

余分なこと?それをやっていてはゴールがなかなか見えてこないのも事実。おもい切って割り切るのも大事、必要でございます!

皆さんは、アメリカ旅行に行ったときや、映画で日本人が英語を話しているのを聞いたことありませんか?

何だか片言で、いかにも日本人が使ってるような英語。

ベスト・キッドからのワンシーン ミヤギの発音

そうそう、ミヤギの発音でも問題なく会話が成立している。

それで十分に、また堂々と会話が成立しているのです。

実はこれが大事なことで、必ずしもネイティブな発音にこだわる必要はない!

要は相手にこちらの言いたいことが伝われば良い訳です。

これが50歳からの英語です。

じゃあ発音は勉強しないの?

その答えも、またNOです。

じゃあ、どうして発音を勉強するのか?

それは何を隠そう、聞き取るためです(^^♪

英語の勉強で一番大切、大事なのは「聞き取る力」です!

はい、勘違いをしていただくとあれですが、これから英語をずっと勉強していくことが前提なのですが、一番大事なことは、ずばり!

「聞き取る力」

これが出来ないと発信できません(笑)

何を言っているか分からないと会話にはなりませんからね~

懐かしい「バイリンガールちか」さんの動画をひとつ

若かりしちかさん(^^♪

この動画でもあるように、世の中、ネイティブばかりではございません。

時には聞き取れない?発音が良くない話相手もいらっしゃいます。

そんな時は自信をもって、「聞き返す」ことが大事(^^♪

それでは今日はこの辺で!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
ブログ村に参加しています(^^♪
ポチっとお願いします~